【重要】年末年始のインターネット受注について

① 12月31日(日)までに商品の到着を希望される方は、12月25日(金)17時までにお申し込みください。
② 12月25日(金)17時以降にお申し込み頂いたご注文は、1月5日(金)以降に順次発送します。
  お客様へのお届けは1月6日(土)以降となります。
③ 雪や交通事情により、お届けが遅れる可能性もあります。
何卒ご了承ください。

お歳暮迎春菓

人気商品
ランキング

おすすめの
詰合せ


「NEW松江菓子」試食販売会inニューヨーク

菓子職人による伝統の和菓子づくりの技と味にニューヨーカーも大絶賛!

2004年からはじまったNEW松江菓子海外市場開拓事業は今年で3年目を迎えました。これまではニューヨーク在住の日本人や企業、マスコミやレストラン、小売店、バイヤーなどを招待して発表・展示会、商談会を開催してきましたが、今回は一般消費者(ニューヨーカー)に直接「NEW松江菓子」をアピールする企画としました。

 今回の訪問団は、11月13日~22日の間に目的ごとに2班(オーナー2名、菓子職人2名、販売担当者2名、事務局1名)に分かれて渡米しました。

 第1班は、高級ブランド店が建ち並ぶことで有名な5番街を中心としたミッドタウン地区にある『そば日本』『レストラン日本』という店で、菓子職人による実演イベントを開催しました。ここは現地でも大変有名な日本食の店。職人達がわずかな道具で次々と芸術品とも言える和菓子を作り出すのを見て、「ビューティフル」「エクセレント」と大絶賛の声があがりました。ブルームバーグ・ニューヨーク市長や、ヤンキース松井秀喜選手、英国のテニスプレーヤー・バージニア・ウエイド選手にも作りたての和菓子を味わってもらうことが出来ました。幸いにも松井選手から声を掛けてもらい、菓子職人達は非常に感激していました。

 第2班は、ファッショナブルな小売店や流行の飲食店が多く、芸術家達も集まるソーホー地区にある『サンライズマート』で実演&試食販売会を行いました。ここは日本食材を豊富に扱うことで有名なスーパー。肌の色の異なる様々な人種・民族が暮らすこの街では、興味を持つ和菓子の種類にも違いがあることが分かりました。
また、「アメリカ人は小豆が苦手」という懸念も、殆どの人が餡を抵抗なく食べる姿を見て、杞憂であることが判明。さらに店の予想を大きく上回る売上を残すことができました。

「短い滞在でしたが大変実りのある、有意義な時間を過ごすことが出来ました。
ニューヨークの人々に直接和菓子を試食&販売できた今回のイベントは、職人達にとっても非常によい刺激になりました。この貴重な経験を今後の商品開発に活かしてくれると思います。この事業を支えて頂いている多くの方々に心から感謝を申し上げます。」

実行委員長 山口研二(彩雲堂会長)

ny
週間NY生活』(NY生活プレス社)より転載 撮影/三浦良一氏 転載許可取得済み

ny
職人2名と販売担当者(着物の女性は商社の方)
ny
会場には多くの方が

ny
和菓子に興味を示す女の子
 

ロイター 現地ニュースより

ロイター記事

映像提供:ロイター社 (転載許可取得済み)

 

2006年1月の取り組みはこちら 2005年度の取り組みはこちら
彩雲堂のお歳暮 迎春菓

Copyright (c) 彩雲堂 Co.,Ltd All rights reserved.