人気商品
ランキング

おすすめの
詰合せ

彩雲堂
棟方志功書題(昭和32年)


京都、金沢と並んで“和菓子処”として知られる松江では、
毎日の生活の中に「抹茶」と「和菓子」が溶け込んでいます。

遠来のお客様をおもてなしする場合だけではなく、
農作業の合間にも気軽に「抹茶」を楽しむ風習が残っています。

このように松江に茶の湯文化が根付いたのは、松江藩の
七代藩主・松平治郷(不昧)公の影響が大きいと言われています。

弊社は明治7年(1874年)に創業して以来、「手作り」「季節感」
「地域性」を大切にした和菓子を作り続けて参りました。

これからも不昧公が残された茶の湯の心を受け継ぎながら、
「手作り」「季節感」「地域性」を大切にした和菓子を作ることで
お客様に心豊かなひとときを提供できるよう努力して参ります。


第6代彩雲堂社長 山口周平



Copyright (c) 彩雲堂 Co.,Ltd All rights reserved.